スムーズな転居|単身赴任での引っ越しでコストを抑えるためにはプラン選びが重要
男女

単身赴任での引っ越しでコストを抑えるためにはプラン選びが重要

スムーズな転居

部屋

住宅諸設備の連絡

1年の中で最も引越し件数がピークになるのは、3月後半から4月前半にかけてです。やはりこの時期は、年度の変わり目ですので転居される方が多いので引越し件数も増えるのです。予約が殺到しますので早めに手続きをして行いと、希望の日に予約できない可能性がありますので、手続きは早め早めに行います。引っ越し業者の手配だけでなく、忘れて貼らなないのは住宅諸設備の連絡です。引越し日当日の2〜5日前までには電気ガス水道の休止の連絡をしておきます。ガスは立ち合いが必要なケースもありますので、前もって連絡が必要です。それに伴い転居先での利用開始の手続きも必要です。同じ電力会社の地域内であれば住所変更連絡するだけで使えますが、他はガス会社が違ったりすることもありますので各営業所や支店に連絡が必要です。

転居後にやること

引越し後ですが、荷物を運んで家具や家電を設置して、掃除も済んで梱包で使ったダンボールを処分して、それで終わりではないのです。その他にもやらなければならない手続きはあります。新住所の役所に転入届を出しにいかなければなりません。また同時に印鑑証明書の手続きも忘れずに行います。運転免許証の住所変更のために所轄の警察署で手続きにいきます。そして、郵便局や銀行、保険、証券、クレジットカードなど金融機関に住所変更の連絡が必要です。電話や変更届などを出すことで手続きできますが、面倒ですのでインターネットで住所変更できるものは、ネットで行ったほうが簡単です。そして、新聞も購読を希望される方は最寄りの販売店で行います。