男性

単身赴任での引っ越しでコストを抑えるためにはプラン選びが重要

料金節約の裏技

ダンボール

業者に引越しを依頼する際には、六曜を利用することで料金を安くすることも出来ます。仏滅でも構わないならば、仏滅に引越しを行いましょう。業者によっては様々なプラン・コースが用意されており、選び方次第で更なる料金節約も可能です。

Read More

スムーズな転居

部屋

スムーズな転居をするためには、早め早めに引越し業者の手配をすることです。また水道や電気、ガスなどの停止と利用開始の連絡も必要となります。転居後は役所関係や金融機関の住所変更手続きなども忘れずに行います。

Read More

安心して任せられる移動

家具

業者によって引越し料金やサービス内容は異なりますが、気になる業者があれば全てに見積もり請求を行います。個人でも行える引越しですが、荷物の移動や作業人数を考えると業者に依頼した方が良く、満足度が高いと人気です。

Read More

低コストでの単身引越し

レディー

企業勤めをする人の多くは勤務場所の異動を伴う雇用形態であり、引越しを伴う異動を経験する人も多いです。こうした転勤は従業員の家族構成や住居形態に関係なく行われるため、中には家族を自宅に残して単身赴任を余儀なくされる人もいます。単身赴任の引越しは家族全員での引越しに比べると相対的に楽だと言われていますが、それでも単身赴任の引越しには相応の引越し費用が発生します。こうした引越し費用を少しでも抑えるための工夫として、荷造りや開梱を業者任せにするのではなく、全て自分で行うというものがあります。荷造りは引越し作業の中で最も手間がかかる作業であり、これを業者に任せると費用が高くなりがちです。これを引越し者自身で行うことで費用を安く抑える事が可能なのです。

単身赴任で引越す人の費用負担を軽減したい人向けのプランとして、多くの引越し業者が低料金の引越しパックの提供を行っていますが、これらを利用する際には注意すべき点が何点かあります。まず第一にこうした低料金パックの場合、人件費を抑えるために作業人数が通常のプランに比べて少ないケースが殆どである為、引越しにかかる時間が通常に比べて長いということです。第二の注意点として、こうした低料金パックには荷造りや開梱サービスは含まれていないケースが多く、こうした作業は全て引越し者本人で行う必要があるという点です。荷造りは適切に行わないと移動中に搬送品が壊れてしまうケースもあるため、壊れては困るような荷物が多い場合には不向きです。